2024.1 Hiroki & Hiromi

引振袖・白打掛・色打掛
50P写真集
引振袖白打掛色打掛角隠し綿帽子
 

 
角隠し×引振袖×タキ…
 

こだわりポイント
角隠し×引振袖×タキシードができて嬉しかったです。
角隠し×引振袖は、“花嫁の覚悟”みたいなものが一番表れている印象があり、婚礼写真で絶対残したいスタイルでした。
撮影当日、引振袖には白無垢よりも長い歴史があることや、筥迫や懐剣、抱帯などの和装小物の意味を教えていただき、“花嫁の覚悟”を感じるのは、そう言った部分からなのだろうなと納得したのを覚えています。
和×洋のレトロな組み合わせに憧れていましたが、最初の打ち合わせでは、和×洋はできないだろうと思ってお伝えしていませんでした。しかし最後の最後に伊藤さんに言ってみたところ、なんと伊藤さんが一番好きな組み合わせで即採用していただきました。
引振袖、色打掛、白打掛と着用し、それに合わせて筥迫懐剣を変えたところもこだわりです。また、当初主人はタキシードと紋付袴だけの予定でしたが、私の色打掛に合わせて色付き袴も追加しました。それぞれ全く違う印象となり、できあがった写真の見応えに、変化をつけて良かったなと満足しています。





KAMIMACHIを選んだ理由
自分がよく通る道に突如出現した素敵なスタジオにただただ引き寄せられました。お嫁に行く予定のない頃からずっと気になっていたので、入籍後思い切って見学させてもらったところ、衣装の種類や、館内の装飾、撮影プランなど全てストライクでした。伊藤さんのインスピレーションが自分を引き寄せてくれたのだと思っています。





衣装について
引振袖、白打掛、色打掛どれも素敵だったのですが、とくに引振袖は運命の一着と思えるほど魅了されました。
伊藤さんからも、これを超えるものはないから他は試着しなくても良いくらいよと、太鼓判をおしていただけたので、自信を持って着用させていただきました。買い取りたかったくらいです。笑


 
個人的には、KAMIMACHIさんで撮影するなら、おかつら・角隠し・綿帽子の着用おすすめです。とても上手に仕上げてくださいますので、もし少しでも興味があったら、ぜひご相談してみてはいかがでしょうか!
 




写真の仕上りについて
撮影当日、雨が降っていたのですが、
それがまた光の加減など良い味を出しているなと大満足です。



ヘアメイクについて
一生に一度、せっかくの花嫁姿の撮影なで、はっきりめのメイクをお願いしました。不思議なことに、母に似ていたり、祖母に似ていたり、叔母に似ていたりと、自分だけでなく、自分を育ててくれた人達のことまで含めメイクで表してくださっているように感じ、感動でした。
角隠しをやりたいと思ったものの似合うかどうか心配でしたが、角隠しの角度を顔の輪郭や雰囲気に合わせて微調整して素敵に仕上げてくださいました。伊藤さんが綿帽子も提案してくださりやってみたところ、こちらも上手に仕上げてくださり、花嫁っぽくなれてるじゃんと、自信が持てました。
洋髪では、豊富な種類のヘッドパーツから好きなもの選んで組み合わせを考えるのが楽しかったです。





撮影当日の様子や感想
楽しくお話ししながら、あっという間にヘアメイク、着付けが完了していて驚きでした。撮影中もスタッフの皆さんが楽しい雰囲気を作ってくださり、終わってしまうのが寂しいほどでした。





これから撮影をする花嫁へ
どんな花嫁になりたいか、もちろん具体的にお伝えできるといいですが、上手に言葉で伝えられなくても大丈夫です。伊藤さん、スタッフの皆さんが、こちらの想いをくみ取ってくださるので、自分らしさ、理想、全てもれなく盛り込まれた花嫁になれます。安心してご来館ください。





 

 


 
Congratulations!Thank you. 
次のページへ ▶︎